キャンプ好きの証といえばダッチオーブンではないでしょうか?

 

ダッチオーブンは、ローストチキンのような焼き物からミネストローネといったスープ、さらに揚げ物や蒸し物まで幅広くこなすマルチツール。

 

多くの人がイメージするダッチオーブンといえば、ブラックポッドと呼ばれる鋳鉄製ですね。

 

 

でも我が家が選んだダッチオーブンはステンレス製!!!

なぜなら、自宅のIHでも使えるから。

 

そして、手入れが簡単だから。

 

焦げ付いてもガシガシ洗えば、元通りにピッカピカ。

シーズニングなんて、ズボラな性格なので、とてもケイゾクできる自信がない。。。

また、ステンレスなのでサビに強く、前夜の残り物を他の容器に移さず置いておけるところも便利です。

 

ということで、今回、我が家が買ったのは、SOTO(ソト)の10インチ。

SOTOは8インチサイズも持っていて、もちろん8インチも使いやすいのですが、家族4人分の食欲を満たすには少し小さい。

その点、10インチは使い回しがとても良いです。

 

ダッチオーブンは、重い蓋でしっかり密封することで、熱効率よくローストされるんです。

だから蓋が閉まらず、隙間があいてしまっては効果が十分に発揮できません。

8インチの満水容量は2.6Lなので、4人分の食材を入れるには、ちょっと心許ないのです(例えば丸鶏は厳しい)。

 

実は最初から10インチを買う予定でしたが、私がポチッと間違えてまして、届いた商品が8インチ。

自己都合だからと交換が効かず、悄気げていましたが、奥さんが健気に使ってくれておりました。

なので若干私としてはリベンジな気分もありますが、8インチ10インチともに用途に応じて大事にしたいと思っております。

 

並べるとこんなに感じ。

ひと回り違いますね。スタッキングできないので、保管場所に少し困ります。

ちなみに12インチは相当大きい(容量8.2L)ので、ベストサイズはやっぱり10インチでしょうか。

 

JUGEMテーマ:キャンプGEAR

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM